コミュニケーション

「自己肯定感が低い」と「プライドが高い」は類語?という疑問に答えます

「自己肯定感が低い」のと「プライドが高い」は類語なのか気になる方もいると思います。

そしてどちらも生きづらくなる原因ですが、改善することが可能です!

本記事では、自己肯定感とプライドの関係性について解説します。

「自己肯定感が低い」と「プライドが高い」は類語か?

結論から言うと「自己肯定感が低い」と「プライドが高い」は、ほぼ類語と言ってよいでしょう。

なぜなら、「自己肯定感が低い」と「プライドが高い」に共通して言えるのは「自信がない」ことだからです。

つまり、

  • 自己肯定感が低い=自信がない
  • プライドが高い=自信がない

とそれぞれ言い換えることができます。

つまり、自己肯定感とプライドは反比例の関係があると言えます。

(一部、自己肯定感もプライドも低いことがありますが。)

「自己肯定感が低い」かつ「プライドが高い」人の特徴

「自己肯定感が低い」かつ「プライドが高い」人の特徴は以下の通りです。

  • 負けず嫌い
  • 悩みを打ち明けられない
  • 相手に依存してしまう

特徴①:負けず嫌い

1つ目が「負けず嫌い」です。

仕事において、負けず嫌いはメリットにもなりますが、行き過ぎた負けず嫌いはデメリットになります。

自己肯定感が低い負けず嫌いだと、人を蹴落としたり、騙したりして自分だけが上にいこうとしたりしてしてしまいます。

例えば、以下の通り。

自己肯定感が低い負けず嫌いの具体例
  • 敵の悪口を言うことで、自分を挙げようとする
  • 部下の手柄を自分のものかのように上司に報告する
  • マウントを取ることで、自信のなさを隠す

自己肯定感が低い負けず嫌いは、プライドの高さゆえに口が悪い人も多いので、周囲を敵にしやすい人とも言えます。

特徴②:悩みを打ち明けられない

2つ目が「悩みを打ち明けられない」ことです。

悩みを打ち明けられないことは、自己肯定感をさらに下げ、プライドまで上げてしまう厄介な状態です。

「悩みを打ち明けて、嫌われたらどうしよう」と考えてしまい、ますます自分の殻に閉じこもってしまいます。

そして、自分の殻を強くするためにプライドの高さで守るようになるので、ますます自己肯定感が下がる悪循環に。

ひどい場合だと、自分で消化しようとして自分を傷つけたり、精神疾患を患ったりすることもあります。

筆者も昔プライドが高く、悩みを打ち明けられなかったことから、うつ病を患った経験があるので

本記事を読んでくださっているあなたが、同じ状態になってほしくないです。

特徴③:相手に依存してしまう

3つ目が「相手に依存してしまう」ことです。

仕事では、上司の言いなりになることでパワハラの被害を受けやすくなります。

恋愛では、モラハラやDVを受けやすくなります。

そして自己肯定感が低い状態だと

  • 自分が無能じゃなくなればいいんだ
  • あの人にもいいところはあるから
  • 上司や恋人に優しくされるのが怖い

といった考えをしてしまうこともあり、支配され依存することがデフォルトとなってしまいます。

自己肯定感が低いこととプライドが高いことの改善方法

自己肯定感 低い プライド 高い 類語

そんな自己肯定感が低いことと、プライドが高いことの改善方法は以下です。

  • 自分の欠点を、ポジティブな言葉に置き換える
  • 嫌な人とは距離を置く
  • 自分磨きの時間を作る

方法①:欠点を置き換える

1つ目の方法は「欠点を置き換える」ことです。

「短所は長所、長所は短所」といいますが、まさにその通りです。

欠点の置き換え方の例
  • 自己肯定感が低い=慎重に物事を進められる
  • 自己主張が少ない=協調性がある、優しい
  • 負けず嫌い=努力家、頑張り屋さん

といったふうに置き換えることができます。

ただし、短所だけを書きだすと考える段階で挫折しやすいですので、長所も一緒に思い浮かべましょう。

短所も長所も含めて自分です。

自己肯定感が低い、プライドも高い自分を受け入れましょう。

方法②:嫌な人と距離を置く

2つ目は「嫌な人と距離を置く」ことです。

自己肯定感が低い場合は、相手に合わせてしまいがち。

そしてプライドが高い場合は、嫌なことを伝えると嫌われると不安になっていがち。

人間、誰だって苦手な人や嫌な人はいます。

直接言わなくてもいいので、嫌な人から距離を取るようにしましょう。

ただし一気に距離を取ると、つけあがってくることがあるので

  • 次の飲み会に行かない
  • 1週間誘いを断る

という風に、少しずつ距離をとることがおすすめです。

方法③:自分磨きの時間を作る

最後に「自分磨きの時間を作る」ことです。

自己肯定感が低いと、何かと他人に合わせてしまいがち。

そのため、気づいたら自分の時間が全くなくて疲れたという人もたくさんいます。

自分磨きと言っても、東南アジアに行って修行をするとかではなくて

行きたかったお店に行ったり、読書をしたりといったちょっとしたことで構いません。

私がおすすめしたいのは「資格を取ること」です。

特に、自己肯定感の上げ方を鍛えられる「伝え方コミュニケーション検定」の勉強をすると

資格を取ることで自信がつくことはもちろん、資格の勉強を通じて自己肯定感を上げることができます。

伝え方コミュニケーション検定は

  • 性格統計学から3つの価値観に分け、自分や他人を理解しやすくなる
  • 相手の価値観に応じた話し方を身につけることで、伝わりやすくなる
  • 動画テキストとWebテストなので自宅で勉強でき、履歴書にも書ける

といったメリットがあります。

以下の記事で詳しく紹介していますので、気になった方は読んでみてくださいね!

関連記事:【履歴書に書ける資格】伝え方コミュニケーション検定を解説

最後まで読んでくださり、ありがとうございました。