コミュニケーション

性格統計学とは?仕事も生活も円滑にしてくれるコミュニケーション法を紹介

性格統計学とは、

職場や家庭、プライベートなどの人間関係を円滑にするコミュニケーション法

のことです。

日常生活において、

  • 伝えたいことがうまく伝わらない
  • なぜかいつも怒らせてしまう人がいる
  • 上司によって求める報告が違う

と悩んでいる方も多いのではないでしょうか?

本記事で紹介する「性格統計学」を知れば、相手にどのような伝え方、接し方が合っているかがわかります。

相手に合った伝え方を知り、コミュニケーションの問題を解決しましょう。

性格統計学とは?

性格統計学では、人を4つのタイプに分類します。

各タイプによって適した伝え方、接し方があるため、性格統計学を知ることで円滑な人間関係を築くことができます。

あなた自身はもちろん、取引先、家族、友人のタイプを見極めることで、コミュニケーションのミスを減らすことができるでしょう。

12万人のデータから生み出されたコミュニケーション法

性格統計学は株式会社ジェイ・バンの代表、稲葉真由美さんがのべ12万人のデータ解析をもとに考案したコミュニケーション法です。

稲葉さんは人間関係が原因で経営不振になった過去をきっかけに、コミュニケーションの結果をデータとして蓄積しはじめました。

そして、蓄積したデータから「人は4つのタイプに分類できる」ことを発見します。

それぞれのタイプに合った伝え方、接し方を体系化したものが性格統計学です。

▼稲葉真由美さんについて詳しく知りたい方はこちら!(外部サイトに飛びます)

関連記事:稲葉真由美のプロフィール

2つの軸で4つのタイプに分類

そして性格統計学では、人を以下の通りに分類できます。

あなたや周りの人はどのタイプでしょうか?

自分と相手のタイプを見極めることがはじめの一歩です。

次の章で、4つのタイプについて詳しく解説していきます。

性格統計学の4つタイプとは?特徴と接し方は?

性格統計学のタイプによって、伝わりやすい伝え方が異なります。

いつも相手を怒らせてしまうのは、タイプに合わない伝え方をしているからかもしれません。

過去のコミュニケーションのトラブルを思い出しながら、各タイプの特徴と接し方を見てみましょう。

ロジカル

ロジカルは自分優先で考え、物事は目標や計画を立てて進めたいタイプです。

臨機応変な対応より計画通りに着実に進めていくことを得意とします。

一方で、急な相談などにより自分のペースが乱されることを嫌がります。

ロジカルな人になにかを伝えるときは

  • あいまいな伝え方をしない
  • 結論から伝える
  • 全体像を把握し、明確に伝える

といった配慮が効果的です。

あなたの身の回りに、「結論から話して」と怒る上司はいませんか?

その上司はロジカルかもしれません。

そして、ロジカルは4つのタイプの中で1番人数が多いとも言われています。

ビジョン

ビジョンは自分優先で考え、臨機応変に進めたいタイプです。

ロジカルと同じく自分優先ですが、急な相談や変更であっても対応することができます。

一方で細かい規則や指摘を嫌い、興味があるかどうかで取り組む集中力が大きく変わるのも特徴です。

ビジョンの人になにか伝えるときは

  • 内容の詳細よりも「ゴール」を示す
  • 要点を絞る

といった配慮が効果的です。

ピース・プランニング

ピース・プランニングはロジカル、ビジョンと異なり、相手優先で物事を考えます。

ロジカルと同じく、物事は目標や計画を立てて進めたいタイプです。

相手優先で人間関係を大切にするため、もめごとや他人と比べられることを嫌います。

ピース・プランニングの人になにかを伝えるときは

  • 理由も含めて伝える(誰のため、何のため)
  • 全体の経緯を伝える

といった配慮が効果的です。

ピース・フレキシブル

ピース・フレキシブルは、ピース・プランニングと同じく相手優先で考えます。

そして、相手を優先することに加え臨機応変な対応も得意なため、1番対応力のあるタイプと言えます。

ピース・フレキシブルの人になにかを伝えるときは

  • 理由を含めて伝える(誰のため、何のため)
  • ポイントを絞る

といった配慮が効果的です。

性格統計学を知るメリットとは?

性格統計学を知るメリットは、以下の3つです。

性格統計学を知るメリット
  • コミュニケーションのトラブルが減る
  • 仕事がしやすくなる
  • プライベートでも役に立つ

コミュニケーションのトラブルが減る

性格統計学を知ることで、コミュニケーションによるトラブルを減らすことができます。

例えば、ロジカルの人に急な変更を詳しい理由を伝えず、

「とりあえずお願い」と依頼してしてもうまくいかないでしょう。

しかし、相手がロジカルだとわかっていればどうでしょうか。

仕事中に声をかけられることを好まないので「お忙しいところ恐縮です」と気を使って声をかけ、

結論から伝えたり、計画がわかるよう全体像を明らかにしたりといった工夫をすることができます。

仕事がしやすくなる

性格統計学を知ることで職場のコミュニケーションをうまくできれば、仕事を円滑に進めることができます。

社内だけでなく、取引先との交渉、外注先への依頼などでもタイプにあわせた伝え方をすることで成功率があがるでしょう。

コミュニケーションがうまくなることによって仕事がしやすくなることによって、職場での評価も上がります。

プライベートでも役に立つ

家庭を筆頭としたプライベートでも、物事をお願いをする機会は多いものです。

特に親子のコミュニケーションによるトラブルはよく起こります。

性格統計学で自分の家族はどのタイプか考え、過去のトラブルを振り返ってみましょう。

家族だから自分と同じタイプとは限りません。

タイプに合わない伝え方をしていた人は、伝え方を変えることで家族環境が良くなりますよ。

性格統計学とは何か?を学びたい人へ

性格統計学 とは メリット 稲葉真由美

本記事では、性格統計学の概要とメリットについて紹介しました。

相手や自分の性格を大まかに分類しておくことで、伝え方を臨機応変に変えることができます。

その結果、仕事はもちろん、家庭やプライベートでも人間関係を円滑にすることが可能です。

とはいえ、性格統計学をどこで学べばいいの?ってなりますよね。

性格統計学は「伝え方コミュニケーション検定」という資格で学べます。

伝え方コミュニケーション検定の特徴
  • 性格統計学の基本から活かし方までを、スマホで学ぶことができる
  • 事例つきで解説されており、学んだことを生活に取り入れやすい
  • 中級だと履歴書に書けるため、就職や転職で有利になることも

詳細は、以下の記事で解説していますので、よかったら読んでみてくださいね。

▼伝え方コミュニケーション検定について解説しました!

関連記事:【履歴書に書ける資格】伝え方コミュニケーション検定を解説

最後まで読んでくださり、ありがとうございました。

「記事より企業サイトを見たい!」というあなたへ。

>> 人間関係がうまくいく!伝え方コミュニケーション検定