資格

【徹底比較】ユーキャンとキャリカレ、どっちがいい?l人気講座・費用・サポート

【徹底比較】ユーキャンとキャリカレ、どっちがいい?l人気講座・費用・サポート

ユーキャンとキャリカレのどっちがいいか、悩む人も多いのではないでしょうか?

結論から言いますと、実用性ならユーキャン、費用を抑えるならキャリカレがおすすめ。

そのため、講座に何を求めるかによって、どっちがおすすめか変わってきます。

そこで、この記事では「ユーキャンとキャリカレのどっちがいいのか」について比較検証してみました。

ユーキャンとキャリカレどっちがいい?人気講座で比較

ユーキャンとキャリカレどっちがいい?人気講座で比較

まずは、ユーキャンとキャリカレのどっちがいいか、人気講座を比較します。

ユーキャンとキャリカレの公式ホームページを参考に、それぞれの人気資格上位5位をまとめました。

 ユーキャン人気講座ランキングキャリカレ総合人気ランキング
1位医療事務メンタル総合心理
2位調剤薬局事務登録販売者
3位ファイナンシャルプランナー(FP)保育士
4位食生活アドバイザー食育アドバイザー
5位登録販売者チャイルド総合心理
備考全151講座(※)のうち 2020年1月~11月の案内資料請求数によるランキング全131講座(※)のうち 2019年9月~2020年8月の案内資料請求数によるランキング
※2021年6月3日現在

人気講座の比較からわかった、ユーキャンとキャリカレの特徴を説明します。

ユーキャンは実用的な講座が多い

ユーキャンでは、医療事務やFPなど就職や仕事に活かせる講座が人気となっています。

ユーキャンはキャリカレよりも講座がたくさんあって、

気象予報士や土木関係といった受講後に学んだことを活かせる実用的な講座が多いです。

キャリカレはユニークな民間資格が取れる

キャリカレでは、メンタル総合心理とチャイルド総合心理といった心理系の民間資格が人気です。

ユーキャンに比べるとユニークな民間資格の講座が多く、具体例として風水アドバイザーや四柱推命鑑定士など占いジャンルの講座が挙げられます。

ユーキャンとキャリカレどっちがいい?費用とサポート内容で比較

ユーキャンとキャリカレどっちがいい?費用とサポート内容で比較

次に、ユーキャンとキャリカレのどっちがいいか、費用とサポート内容を比較します。

「リア充になり隊」で紹介しています、簿記の講座の費用・教材・サポートの内容をまとめました。

 ユーキャンキャリカレ
講座名・簿記3級講座
・簿記2級講座
簿記3級・2級資格取得講座
費用・簿記3級講座 39,000円
・簿記2級講座 49,000円
合計 88,000円 ※価格は税込
47,400円
(Web申し込みで37,400円)
※価格は税込
教材簿記3級講座
・メインテキスト 4冊
・本試験対策トレーニング 1冊
・一問一答集 1冊
・ラストスパート問題集 
・添削課題集(添削5回)
・勘定科目ルール表  

簿記2級講座
・メインテキスト 3冊
・工業簿記問題集
・商業簿記問題集
・模擬試験集
・添削課題集(添削5回)
簿記3級テキスト 1冊
簿記2級商業簿記テキスト 1冊
簿記2級工業簿記テキスト 1冊
添削問題(8回分) 1冊
簿記問題集 1冊
3級模擬試験問題(5回分)
2級模擬試験問題(5回分)
3級&2級模擬試験解答解説集 映像講義
サポート質問サービス(1日3回まで)
・受講期間12ヶ月まで延長
・質問指導(何回でも可)
・受講期間12ヶ月まで延長
・不合格なら受講料全額返金
合格したら1講座無料で受講できる
・転職、就職、開業サポート

※キャリカレは1講座で簿記3級と簿記2級を一緒に勉強できるため、ユーキャンも簿記3級講座と簿記2級講座のどちらも受講した場合を想定しています。

それぞれの特徴について、紹介していきます。

ユーキャンは費用が高い

ユーキャンの費用は圧倒的に高いです。

なぜなら、初学者でもわかりやすく学習できるように教材制作に力を入れているからです。

教材制作に力を入れている証拠として、テキストの冊数や教材の種類はキャリカレよりも充実しています。

キャリカレはサポートが手厚い

キャリカレでは、質問サービスの回数に制限がありません。

他にも、

  • 不合格の場合は全額返金
  • 合格した場合は1講座無料
  • 転職や就職、開業サポート

といったユーキャンにはない手厚いサポートが受けられます。

ユーキャンとキャリカレ、どっちがいいんだろう?

ユーキャンとキャリカレ、どっちがいいんだろう?

ユーキャンとキャリカレ、どっちにもいいところがあり、ますます迷ったかもしれません。

最後に、ユーキャンとキャリカレがそれぞれどういった人に向いているのか解説しますので、参考にしてみてください。

実用的な学びを重視したい人はユーキャンがいい

仕事や私生活で役に立つ資格が取りたい人はユーキャンが向いています。

教材が充実しているので、実用的な学べたり、取りこぼしなく知識を習得したりできるからです。

教科書がカラーで非常に見やすくて、重要な項目は、一目瞭然でわかるようになってました。

それから、受験対策用で過去の出題傾向の問題集がついて、過去問題集もあるので、受験の対策をきちんと出来るようになってました。

引用元:https://minhyo.jp/u-can

教材の数も半端なく多く削除問題だけでなくDVD口座にインターネットで行う公開授業までもあり、さすがは大手の通信講座だと感心しました。

引用元:https://minhyo.jp/u-can

しかし、一方で「添削や質問の回答が遅い」などサポートへの不満を訴える声もあります。

間違えた個所をしっかり復習して進めろという割に添削の返信が遅い。

引用元:https://minhyo.jp/u-can

わからないことをすぐに解消できないこともあるため、サポートに依存しすぎないで地道に理解を深める努力も必要です。

\テキスト充実で一発合格!/

ユーキャンの
資格講座を
申し込む!

費用の安さとサポート重視の人はキャリカレがいい

費用の安さとサポート重視の人はキャリカレがいい
引用元: 資格のキャリカレ 公式サイト

サポート内容を重視する人はキャリカレが向いています。

回数無制限の質問サービスで安心して受講できるし、就職・転職・開業サポートで受講後の進路は心配ないからです。

12カ月の無料学習サポートや分からない所は質問も出来るので通信教育でも安心して受講できました。

引用元:https://www.c-c-j.com/course/status/boki/review.html

費用を安く抑えたい人もキャリカレを選んだ方がいいです。

キャリカレはユーキャンよりも費用がお得になる特典を多数用意しています。

不合格の場合全額返金システムや、合格したら2講座目無料のシステムに魅力を感じて受講しました。

引用元:https://www.c-c-j.com/course/status/boki/review.html

一方で「教材が不十分」という口コミもあります。

クライエントにイレギュラーな対応をされた時に、相手を傷つけないように断ると書いてありますが、傷つけないように断る事が、カウンセラー初心者にとって難しい事だと思うので、

具体的に断る時のカウンセラーの声のトーンや、表情、ダメなパターンをシチュエーション別に、人を使って実際ロープレしてる所を見たいです。

引用元:https://www.c-c-j.com/course/psychology/mental_syn/review.html

資格講座によっては、教材だけでは試験対策が十分にできない場合もあり、教材を追加購入したとの声もありました。

講座内容や詳しいサポートなどが気になる人は、公式サイトをのぞいてみてくださいね!

\費用を抑えてお得に資格!/

キャリカレの
資格講座を
申し込む!

まとめ:ユーキャンとキャリカレのどっちがいいかは何を求めるかによる

まとめ:ユーキャンとキャリカレのどっちがいいかは何を求めるかによる

本記事では、ユーキャンとキャリカレだとどっちがいいのか悩む人に向けて、比較を行いました。

どちらの通信講座にも、長所だけでなく短所があります。

  • ユーキャン…テキストは充実してるけど、その分費用がかかる
  • キャリカレ…費用は抑えられるけど、テキストが物足りない

教材の質なのか、それとも費用なのか。

あなたが通信講座に「何を」求めるかによって、おすすめが変わってくるでしょう。

本記事が、あなたの資格取得の助けとなれば、私は幸いです。

ユーキャンとキャリカレの比較まとめ

(◎…とてもよい、〇…よい、△…イマイチ)

会社名テキスト・問題集講座の豊富さサポート費用
生涯学習のユーキャン
資格のキャリカレ

▼もしどっちもしっくりこなかった人がいたら「ヒューマンアカデミー」はいかがでしょうか。

関連記事:【どっち?】ユーキャンとヒューマンアカデミーを徹底比較l人気講座・費用・サポート