コミュニケーション

円滑な人間関係を作るには?3つのコツと取るべき行動を解説

「円滑な人間関係を作るには?」

多くの人が抱いたことのある疑問だと思います。

仕事が好きでも円滑な人間関係を作れていないと会社に行くのが嫌になってしまいます。

逆手に取ると、円滑な人間関係を作ることにより、仕事がつらくなりにくいです。

また、仕事だけでなく、趣味でも人間関係が円滑な方が楽しく全力で取り組むことができます。

本記事では、

  • 円滑な人間関係を作りたい
  • 苦手な人との接し方を知りたい
  • 職場でうまく立ち回りたい

という方に向けて、3つのコツと取るべき行動を解説します。

  • 円滑な人間関係を作る3つのコツがわかる!
  • 円滑な人間関係の基本となる行動がわかる!
  • 円滑な人間関係を築きやすくなる資格がある!

円滑な人間関係を作るには?という疑問を解消する3つのコツ

円滑な人間関係を作るためには、大切な考え方が3つあります。

もし、

  • 物事を自分中心で考えている
  • 人との距離感は近いほど良いと思う
  • 自分ではなく相手が変わるべきだと思う

のいずれかにあてはまる場合は、考え方を変えるところからはじめてみましょう。

他人中心に考える

「自分がどうしたいか」ではなく「自分が相手だったらどうしてほしいか」を基準に考えます。

例えば、困っていそう、忙しそうな人がいたら

「なにか手伝えることはある?」

と声をかけるなど、自分がされて嬉しいことを相手にしてあげることが大切です。

そして、周りに親切にしていると周りからも親切にされやすくなり、円滑な人間関係につながります。

自分中心で考えると、思い通りに事が進まないとイライラしてしまったり、会話で自分の話ばかりしてしまったりして周りの印象を悪くしてしまいます。

距離感を間違えない

特に職場では人間関係の距離感に注意が必要です。

関わる機会が増えるとプライベートの話をしたり、つい距離を詰めてしまうことがあります。

相手から話してくれれば問題ありませんが、無理に聞き出すと相手を嫌な気持ちにさせてしまうでしょう。

挨拶や仕事のコミュニケーションは必要ですが、深入りしすぎないことが大切です。

変わるのは相手ではなく自分

苦手な人やうまくいかない人がいると「変わってほしい」と思うことはないでしょうか。

相手の性格やこだわりを変えるのは非常に難しいです。

あなたもルール違反をしているわけでもないのに「変わってほしい」と言われたら素直に受け入れられるでしょうか。

相手が苦手な人なら、なおのこと受け入れるのは難しいと思います。

あなたにとっても時間を使って考えたり、できないことにイライラしたりするのはストレスになります。

日々の行動から円滑な人間関係を作るには?

円滑な人間関係を作るために難しい行動は必要ありません。

日々のちょっとした行動を変えるだけであなたへの印象が変わり、円滑な人間関係につながります。

すぐにできることばかりですので、今日から早速実践してみましょう。

挨拶、お礼、謝罪はしっかり

  • 明るく挨拶をすること
  • お礼を伝えること
  • 言い訳をせず謝ること

どれも基本ですが大切です。

挨拶が暗い人、挨拶をしない人が好印象を持たれることはありません。

逆に明るく、笑顔で挨拶するだけであなたの印象は良くなります。

また、何気ないことや細かいことでも、なにかしてもらったときはお礼の言葉を伝えましょう。

誰かの善意に気づいても「誰だろう?まぁいいか」と済ませてしまっていませんか?お礼を言われて嫌な気持ちになる人はいません。

善意の行動には必ずお礼を言いましょう。

そして、失敗は誰にでもあります。

失敗してしまったときは、必ず謝りましょう。

言い訳をしたくなる気持ちもわかりますが、言い訳ばかりしていると信頼できないと思われてしまいます。

相手の話を聞く

聞き上手になると「あなたとまた話したい」と好印象を持たれます。

聞き上手の人と話すのは楽しいですよね。

人はつい自分の話をしたくなるものです。

自分の話と相手の話を2:8になるよう意識すると、実際には少し相手の話が多いくらいの割合になると言われています。

ただ話を聞くだけでなく、

  • 相づちを打つ
  • 質問をする
  • 途中で内容を整理する

などリアクションを取ることで「話をちゃんと聞いてもらっている」と印象が良くなります。

その場の気持ちに流されない

誰しもうまくいかないことやイライラすることはあります。

部下や同僚に怒りたくなることもあるでしょう。

しかし感情に任せて怒鳴ったり八つ当たりをしたり、気持ちに流されたりしてはいけません。

注意は悪いことではありませんが、感情に任せて怒鳴るのは相手や周りを萎縮させ、「距離を置きたい人」と思われてしまいます。

苦手な人と円滑な人間関係を作るには?

とはいえ、誰とでも相性が良い人は基本的にいません。

人がたくさん集まれば苦手な人が出てくるのは普通です。

苦手だからといって関わらないようにしていると、仕事の幅や人間関係を狭めることになります。

苦手な人でも仕事に支障が出ないよう、円滑な人間関係を作ることが理想ですよね。

無理に仲良くなる必要はありませんが、あなたが行動することで関係を変えられる可能性は十分ありますので、最後に紹介します。

相手のことを知る

「苦手だから」と相手をみないようにしていませんか?

自分に興味のない人と関わりたいとは思わないものです。

相手のことを知ろうとすることで、相手からの印象も良くなる可能性があります。

苦手な人との会話では意識的にいろいろな質問をしてみましょう。

会話のきっかけにもなりますし、意外な一面を知り、良い関係を築けるかもしれませんよ。

接し方を変える

苦手だからといって陰口や悪口を言うのはやめましょう。

本人の耳に入れば関係はより悪くなります。

逆に相手を褒めると良い結果につながる可能性が高いです。

基本に戻りますが、苦手な人こそ明るく、笑顔で挨拶し、お礼を伝えることが大切です。

あなたへの印象が変われば、相手の接し方も変わってきます。

避けるのはやめる

苦手だからと相手を避けていると仕事に支障が出てきます。

避けずに、あなたから行動して円滑な人間関係を作りましょう。

苦手な人とのトラブルほど避けたいものはありませんよね。

苦手は人ほどていねいに接することを心がけましょう。

「円滑な人間関係を作るには?」と悩む人へ

円滑な人間関係を作るには コツ 行動 資格

本記事は、「円滑な人間関係を作るには?」と悩む人に向けて、3つのコツと行動を紹介しました。

苦手な人は人間関係では必ずしも出てきますが、苦手な人との人間関係を円滑にしておくことが仕事では大切です。

とはいえ、文章で読んでわかったつもりでも、実際に行動するのは難しいですよね。

そんなあなたには、円滑な人間関係を作るコツを学ぶ資格「伝え方コミュニケーション検定」がおすすめです。

伝え方コミュニケーション検定では

  • 性格統計学から3つの価値観を学ぶ
  • 相手の価値観に合わせて、話し方を変える
  • 価値観に合わせてタブーを理解する

といった技術を学ぶことができます。

そして、中級ですと履歴書に書けますので、就職や転職にも役立ちますよ!

気になった方は、ぜひ企業サイトをのぞいてみてくださいね。

\伝え方の資格/

詳細を見る

 

▼本ブログでも、詳しく解説しています。

関連記事:【履歴書に書ける資格】伝え方コミュニケーション検定を解説